よく目立つのぼりを注文するための秘訣

いろいろな種類を作ってみる

よく目立つのぼりを注文するためには、試しにいろいろな種類を作ってみるのも秘訣です。一種類だけで揃えているお店もありますが、目立つことを考えると種類が多いほうが有利になります。
のぼりは店頭に設置するものなので、お客さんが見つけやすいことも大事なポイントです。駐車場に設置する場合は、車で隠れない高さにすると目立ちやすくなります。
デザインも重要ですが、きれいにまとめすぎる必要はありません。少し違和感があるほうが、お客さんにも注目してもらいやすくなります。
いろいろな種類を作ってみれば、のぼりの活用方法も広がっていくでしょう。その分コストはかかりますが、よく目立つのぼりなら集客効果も期待できるはずです。

短くコンパクトにまとめる

文字数を少なくして、短くコンパクトにまとめるのもよく目立つ秘訣です。車に乗っている人でも読みやすく、来店にもつなげやすくなります。
お店の売りにしている商品など、セリフや単語でも構いません。つい読み上げたくなってしまうような、インパクトのあるのぼりを作ってみるのも良いでしょう。
のぼりは雨風や日焼けで徐々に傷んでくるので、傷みが気になってきたら早めに注文しておくと安心です。のぼりが傷んでいると、来店するお客さんにも不安を与えてしまいます。
よく目立つのぼりでも、状態が悪ければお客さんの印象も悪くなってしまいがちです。汚れたらその日のうちに拭いておくなど、日頃のメンテナンスを忘れないようにしましょう。